直営業、闇営業、プロダクション所属、反社会的組織との接触におけるタレントという立場の者の取るべき態度とあるべき姿とは?

2019年7月14日放送分アーカイブ。ワイドショーを賑わせた闇営業(直営業)問題。タレントは果たしてこのまま「事務所に所属すべき」という事に決着していいのだろうか? 嗅覚が鈍いままでいていいのだ?という考えでいいのだろうか? ともすれば、何かが起きる度に、その反対が正義とするワイドショーのスタンスが短絡的であり、決して複眼的ではない事を見極めなくていいのだろうか? そもそもタレントとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください