触りながら自家発電?

ハーヴェイ・ワインスタインの悪行を暴いた「その名を暴け!」ドキュメンタリーを読むと、そのドイヒーなセクハラがつまびらかになる。そりゃないぜ!な映画プロデューサー。かくして宮川の周りにもエロプロデューサーは沢山いたし、女房に迷惑をかけた事もある。十数年前には自分のスタッフのセクハラまがいのトラブルの処理をパーソナリティなのに尻拭いしたこともあり、世の中何かと世知辛い。

そもそも、ブリジッド・バルドー曰く「枕営業」は「女性の特権」として活用すべきなのか?いえ、そんなことはあるわけがない。でも、それを利用してのしあがったひとも沢山いるのが事実。それを枕営業というのかハニートラップというのかはわからない。

ちなみに、ハリウッドでは「キャスティング・カウチ」というそうですな。言い得て妙。

unknown celebrity standing indoor
映画のキャスティングを目的に寝ることを日本では枕営業。ハリウッドではキャスティングカウチという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください