病院のセクハラ爺さんがラジオ局にやおら電話し始めた!の巻

3/29放送アーカイブ。家族の手術で病院に行きましたが、そこでセクハラ爺さんがおりまして。地味で実直な看護士さんに対して、猛烈失礼な事を口走り続けていく中で、彗星の如く現れた救世主の一言で爺さんは完膚なきまでに打ちのめされたのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください